プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


奥州清原系河岸台地型城柵 沼ノ柵

numanosaku1.jpg

源ノ義家軍を撃退した、沼ノ柵について考察してみます。
上空から俯瞰してみますと、大河川の雄物川を前面の堀、天然の要害地形に利用している事は確実です。
北・西・南を雄物川に囲まれることにより、敵は東側から攻め込むしかなく、防御側は東に兵力を集中する事が可能です。
ということで東側に面する防御ラインが重要になってきますが、これも河川を利用していたものと推測されます。
というわけで、三角州地形の中に二等辺三角形が出来上がります。

沼ノ柵の東方には清原氏の拠点である、金沢柵や大鳥井柵(大鳥井館)があり、東から攻め込む敵軍を挟撃できる位置関係にあります。

numanosaku2.jpg

天然の要害地形を利用した総構(そうがまえ)から、拡大して中廓になる地形です。これも小河川に囲まれ、敵軍の通行可能な南東側に備える事で防御ラインを完成します。

numanosaku3.jpg

更に拡大して小廓です。小河川に囲まれて、更に細長くなった一帯が要害地形となります。これも通行可能な南東側に防御の兵力を集中することができます。

numanosaku4.jpg

更に拡大して、小河川に囲まれて細長い岬状の地形に絞られていくのかと思います。この状況で、類似の城柵を考えると、十三湊の半島状に突き出た部分に造成された十三湊安藤氏の城館や、城下町が思い浮かんできますが、沼ノ柵は十三湊の祖型となるものだったかもしれないと推測することが出来ると思います。

現在の町並みはそれなりにしっかりとした地盤に造られているのでしょうし、その町割りは十三湊に通じる区画が残っていると面白いと思いますが、はたしてどうなんでしょう。

旧地形については、地元の方が一番わかっておられるでしょうね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/690-a8aea840

 | BLOG TOP |