プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


金沢柵と大鳥井館

前回の大鳥井柵(大鳥井館)の続きで、
奥州清原氏の最後籠城場所。金沢柵です。

kanazawasaku3.jpg

前回とは逆で、拡大図からです。東を大河川、南北を2本の沢、後背に山の頂(片倉山)を背負い、大軍を妨げる地形を選択地としています。(東の川の流れは、平安時代はもっと近隣でうねっていたかもしれません・・。現在は河川改修や土地改良の結果の流れでしょうか)

kanazawasaku2.jpg

前図から引いて広域にしたものです。御嶽山を取り込んでの要害地形です。山の名前の通り、宗教的なものが感じられます。

kanazawasaku1.jpg

更に引いて上から見たものですが、大鳥井柵(大鳥井館)も隣接して南にあります、2柵が連動することにより、更に防御力が上昇したことでしょう。
前面の大河の流通の管理、背後の山の資源の管理、選び抜いての選択地だったことでしょう。
「奥州清原系河岸台地型城柵」と呼べるような城造りの意識があり、十三湊の福島城へと繋がり、蝦夷地の下国安藤氏系の海岸段丘城の城館へと発展していくような大枠が見えてきます。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/689-7d032e16

 | BLOG TOP |