プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田空明

最近、小説を書こうと思って調べなおして驚いたこと。

伊勢長島一向一揆に参加した武将に、安田空明という人物がいたのですが、

先祖が甲斐出身、ということが分り「ん??」となった。

甲斐源氏の安田氏といえば源平に活躍し東海道に広大な所領を得た名門の家系。

いろいろあってお家がお取り潰しのようになりましたが生き残りが。

戦国時代の伊勢長島は、甲斐武田家の上洛を待ちわびつつ、織田家と長きに渡る闘争をしていましたが、

安田家と、武田家の取り合わせ。

それに毛利家家臣の粟屋氏も安田氏の子孫を名乗り、

若狭武田氏の家臣である粟屋氏も同祖だとか・・。

織田信秀の軍師には若狭系統と考えられる武藤氏がいますし、

一色氏の伊勢支配により移り住んできた者もいるでしょう。

しかし、安田空明の祖は、親鸞に法泉寺の名をもらって、それから11代目といいますから、

源ノ頼朝に誅殺された安田義資の子が出家して、親鸞の下でほにゃららな感じも推測されます。

想像の域ですが、

源氏の血が再び重なり合う事があっても面白かっただろうなと、ふとそう思ったのでかきこみ。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

卜部季武は坂上氏説もありますね。
源満仲が摂津守に任命された時に、坂上頼次を摂津介に任命して山本郷を開拓させ、多田院を警衛させました。
その三代目の坂上季猛が源頼光の家臣として名前が記録されおり、卜部季武のモデルと言われています。

Re: タイトルなし

情報をありがとうございました。

更新いたします。

また、なにか気付いた事がありましたら、御教授ください。

スカパーの「時代劇チャンネル」 吉宗評判記・暴れん坊将軍 放送担当者に憤慨している。

 先頃放映分の中で、「石見銀山代官が鉱山の銀塊を横領して江戸に持ち込み、簪(かんざし)を作り大奥へながし、賂
(まいない)金として蓄財。この金で幕府中枢職を狙うものであった。

この映像はテレビ朝日が制作したらしいが、芋殿様や吉宗候を馬鹿にしてないか!!!


◎300年前の日本人。
江戸の人(現在の東京)であるが、60歳で大森代官・石見、備後、備中の三国にある幕府直轄天領の最高責任者。
井戸平左衛門正明(いどへいざいもんまさあきら)1672~1731。将軍は吉宗で、享保の飢饉に私財や自身の命を引換
に大森銀山領22万の民の救済・支援で一人の餓死者もださなかった。また、甘藷(かんしょ)・サツマイモの普及に
努めた人。中国地方の民の恩人。大田市大森に井戸神社が鎮座する。石見の大田市、江津市、浜田市。備後の
三次市を中心に碑が何十と現存する。筆者は「芋殿様」のおかげで銀山が世界遺産になったと確信する。

*島根県・邑南町立図書館本館蔵書・・・ 「芋殿さんの碑」 川本町歴史研究会1990

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/685-8f4f7178

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。