プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


畿内のレアメタル?銅資源危機と、出雲の青銅器

「富本銭」が貨幣として流通しはじめていたとしたら、
大量に必要となる原料になる銅について、当時どうやって入手したのか?
という根本が気になり始めました。

私なら、「古い銅器を鋳治せ!」といって
新しい時代の息吹の為に
革新的な気分で[リサイクルの鋳造し直し]を
やったことでしょう(笑)。

仏像は、当時流入してきた最新文化だから鋳直しは対象外、却下ですね。
となれば、秀吉の様に、豪族たちに「廃刀」させて、武器から作り直します。

武器庫といえば、石上神宮の中の・・・。

畿内に青銅器が少ないとかは、リサイクルによる
鋳造のしなおしが原因なのではないかと思えてきました。

また、国外流出の機会もあります。
そうです「白村江の戦い」です。
謎の4世紀からの海外での動きは、
おおくの物資(武器)を国外に運ぶことになってしまったのでは。

それから、貨幣の鋳造と、奈良の大仏の建造、
これは銅資源の危機でもあったと想像されます。

石上神宮の武器庫は朝廷の優越性の根源でもあるので、
最後まで保管するとして、
地方豪族たちには、資源の供出を積極的に要求したことでしょう。

地方豪族としては、伝来の製品を、大和朝廷に渡す屈辱も味わうことになります。

長い歴史の間に、出雲も
当然そんな要求をされることがあったかもしれません。

その立場であったら、伝来の宝物を守るために、どこかに隠す事を考えるかもしれません。

出雲の青銅器は、
大国主の「国譲り」の「降伏の儀式」で埋められたのか、
それとも後の世の神官たちの、
中央への密かな抵抗だったのか。

埋められた年代で、いろんな想像ができそうです。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/659-689e2e1e

 | BLOG TOP |