プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『上記』とサンカ、奥三河の「山家三方衆」

『上記』というのは、鎌倉幕府成立後に豊後国守に赴任した大友能直が、

豊後に伝わる古文書を集めて編纂したということではあるが、

関東にいた時代に、「サンカ」衆という「山の民」を虐殺して、

その古文書を奪ったものであるともいう。

「山の民」や、サンカと聞いて頭に浮かぶのは、

戦国時代に奥三河に割拠した、山家三方衆。

「ヤマガ」と読むようであるが、「サンカ」にも通じるものか。

「山の民の味方衆」とも解釈されそうである。

「山の民」のそういう伝承がいつまで伝わっていたことだろう。

ところで、

山家衆の奥平氏や菅沼氏の出自は、土岐氏や富永・設楽・瀧川氏から婚姻による血を得て、

名家と結びついていると推測される。

南北朝時代の影響で、三河や信濃の山奥には、南朝方の勢力が根強く残っていたのだろう。

南朝を支えていたのは、古来からの「山の反抗勢力」だったのだろうか。

権力から追われた反社会の人達が、再び「帝」を担いで、山を拠点に活動する繰り返し、

不屈の精神です。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/649-67f00b13

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。