プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇我=素賀=飛鳥

古代史のページを更新中。

蘇我氏は神武東征の次段階から、

素賀氏として家臣団の中にいたと考えます。

国司的な立場として、素賀の地を領していたと考えます。

「大化の改新」の政変以降、『記紀』では蘇我の名を書き換えられ、

なぜ政権の中枢に上り詰めたのかも隠され、

現在では、あたかも渡来氏族であったかのような不当な扱いをうけているのでしょう。

物部と蘇我は婚姻を重ね縁戚でもあり、

ぽっとでの成金豪族ではなく、由緒正しく大王家の重臣であったのだと思います。

だから大和川水系の重要な中心地を掌握しているのでしょう。

「素賀」視点で、歴史書を見直してゆけば、

その書の成立時期や、執筆者の立場が明らかとなっていくのではないでしょうか。

そこから、その文書が、上古の、信頼に足る文書かどうかを

ある意味判断できるようになっていくのでは?。

と思う今日この頃。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/646-b9ddb68b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。