プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


天照神の側近「天熊人」と「天邑君」とは

『天下侍魂』更新、古代豪族のTOPページ、

イザナギ・イザナミの項目を考え続けて、はや何か月。
ようやく考えがまとまってきました。
ただ、まとまったつもりでいるのかもしれないですが(笑)。

>イザナギの後裔、三貴子のひとり天照命が、葦原中国に「保食神」がいると気付く。

「保食神」とは、
すなわち葦原水穂ノ国を現す「穂」、豊かな食料の意味を内包しつつ「しき」=「磯城」
すなわち大和を支配する磯城一族の神。

偵察に派遣した月読神の独立に対し、鎮圧軍の天熊人。

保食神から生まれた「牛馬」とは、のちの牛頭天王にも通じ、

その文化を引き継いだ天熊人の子孫が「天邑君」

「天邑君(あめのむらきみ)」とは、
中国の史書に伝わる、天皇家の姓「阿毎君(あめのきみ)」に通じ、

これこそ天照神の子孫が、唯一の王家として、列島を支配する正統性へと繋がって行く意味が
表される重要なキーワードではないのかと思いました。

「稲作」を伝えた事、「弥生時代の開始」、それが「大王」が国を支配する正統性へと
つながっていくと考えました。

信長様が自分が「神」だと開き直ること、他の人が納得する支配の正当性、
「王権神授説」という事かな。
といつもの信長様オチで。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

驚き、感激

凄いわ。データー量と洞察力に感激です。
島津藩家臣団のサーチでヒットして伺いました。
嬉しさの余りコメントを。
ありがとうございます。
楽しませて頂きます。

Re: 驚き、感激

今井さま

 お褒めの言葉ありがとうございます。

世間に認めてもらうことがなかなか出来ないこの世の中で、

率直に感想をゆっていただけて、とても励みになりました。

こちらこそ感謝です。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

登美ノ勝也より

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/644-1431bb20

 | BLOG TOP |