プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条時政の外祖父・伴ノ為房と鶴岡八幡宮

で、昨日のつづきなのですが、

前回のでは伴ノ為房になにも触れることなく、

「侍」の語源についてだけで熱くなっちゃいましたが(笑)

鎌倉で源ノ義朝が活躍する前ころに、

伊豆に「掾」として、伴ノ為房がいたのだと思われます。

その人の娘婿が北条時方、その息子が時政。

時政の娘の政子が、源ノ頼朝の正室になるのはご存じのとおり、

そして頼朝が、鎌倉幕府の象徴(氏神)として造営したのが、鶴岡八幡宮。

その鶴岡八幡宮の宮司家が、大伴氏の子孫の伴氏です。

これは単なる偶然か・・・。

頼朝自身、母は熱田大神宮の藤原季範の娘(由良御前)。

熱田神宮と津島神宮は、婚姻により同族のような関係であり、

三河の野田・牟呂の伴氏とも深く関わりがあり・・。富士の神社とも・・。

義朝、頼朝の勢力範囲は、「応天門の変」で藤原氏により

都を追われた大伴氏の子孫の基盤の上に成り立っているのは偶然でしょうか。

大伴氏は、氏神を中心に、神社と氏子の関係から、軍事的共同体を構築していて、

寄り親と寄り子の関係が、神道(信仰)を通じて成り立っていたといえなくないでしょうか。

古代的主従関係というか、まさに「テンプルナイツ」。

八尾出身の私としては、地元の庄屋(豪農)や、

神社で盛んに興行されていた、地元の相撲大会、

それに関わる、ギャンブルやそれをとりしきる893な人たちの発展形が

武士団(党)かと長年思っていたのですが。

郷土の英雄が楠木正成でしたし、悪党=893さんかと。

でも、それ以上の超古代的な、

上手く言葉にできないですが、

原始国家の神と軍団の変形こそが、武士団なのかと

これ(武家家臣団研究)をやっていて、思えてきました。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/615-c51e9419

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。