プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史に埋もれた武家

男の嫉妬は、相手を徹底的に排除する方向に向かうそうです。

最近、身をもって実感(笑。

歴史の中で、敗者となり、埋もれていった武家もしかり。

徹底的に、存在を消されていくのでしょう。

信長もまた、敵対者を落とし、存在を消すことに専念したでしょうし、

秀吉、家康もまたしかり。


今、気になっているのは、南北朝時代から室町時代にかけての、

関東(鎌倉)公方の果たした役割。

そして、それを支えた家臣団。

関東管領・上杉氏は幕府の権力を背景に、

公方の暴走を抑えようとしていましたが、

上杉氏は、ライバルだった公方の重臣達を、

徹底的に排除したことでしょう。事績も。


公方の馬廻衆、旗本を統率していた、

一色氏や、木戸氏。

木戸氏なんて、瀧川一益の配下になったときには、かなりの落ちぶれぶり

だったんじゃないでしょうか。

木戸氏を輩出した、野田氏も跡形もなく・・。

関東公方の馬廻りや、将軍が配置した京都扶持衆の白旗一揆、平(家)一揆、

彼らの動向も、おもしろいです。

常陸・小栗氏の反乱なんて、

奥州の伊達なんかと連動してるんじゃないでしょうか。

あと、信濃の大井氏も鎌倉公方のお気に入りで

ひきたてられて、武田がでてくるまでは、

時のひと、時の名門だったようです。

毛利に滅ぼされた、高橋家も、

きっと、すごかったんでしょうね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/603-894a459e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。