プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「濃尾、与奪」

 こないだの続きです。

『公記』にて、他に信忠さんに「与奪」するのは、尾張・美濃の国譲りの時です。

これも、将軍から与えられた守護職とか正式なものではなくて、

補任されなくても、実質上の権限を持つ、織田家の惣領(信長様)が、

嫡男の信忠に、「おもいのまま」に、公的に美濃・尾張をあたえるのだ!

ということなのでは・・。


「生殺与奪」とか、生かすも殺すも私のおもいのままだという意味ですし、

信長様はフロイスに「公方も関係ない、我が意の下にある」といってるもですから、

我が意で、既存のものから奪い、意中の者にそれを与えるという意味での

「与奪」だったのかなと、思います。




banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/600-3733cdf3

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。