プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長様の「天下の儀、御与奪」について

1582年「甲州乱入」後の、嫡男・織田信忠への
「天下の儀、御与奪」について、
思い閃く事があったので書いておきます。

今まで、どうしても「与奪」という言葉にしっくりきていなかったのですが、
今朝、意味が判ったような気がしました(笑。

将軍・義昭の官位剥奪に失敗し、追放処分となった禍根をここで断つ、
と心に決めた信長様が、

「天下の儀(将軍職)、御与奪」という宣言を日本中に示した言葉だったのでは
ないでしょうか。

毛利家が将軍を旗頭として、織田家と戦う「大義名分」を掲げたため、
あわよくば大内義興のような、京都に上り覇者となることが、
毛利輝元には保障されている訳です。

織田家が担ぐ大義名分は、
朝廷から、将軍職を平和裏に、もらうこと。
それが貴族たちのだししぶりを呼び、
義昭の官位剥奪もなく・・。

埒が開かないと感じ、
織田家としては、実力で将軍を倒し(殺害し)、将軍を亡き者としてから、
織田幕府を開設して、将軍を宣言する!
と言ってしまったんじゃないでしょうか。

光秀が手紙に書いた「信長親子の悪逆非道」とは、
朝廷をないがしろにして、天下運営をすると言った、
織田家に対する当然の「天道」の報いだったのだと、
「本能寺の変」を正当化する思いだったのではないでしょうか。

どうでしょう。
banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/599-33bd670c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。