プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東公方戦奉行・一色直兼

関東鎌倉公方に出仕した、嫡流に近い一色氏があり、

室町将軍の幕府軍と戦った一色直兼が気になります。

彼の一族、一色持家、時家が、四職を務める分家の一色氏を頼り、

一族は彼らをかばい、三河に匿ったらしいです。

(当時の関東管領・上杉憲実の室も一色氏の娘の様です。すごい政略結婚技。)

将軍・足利義教が、それを口実に、

一色義貫、土岐(土岐嫡流・世保)持頼が誅殺されるに至ると・・。

(庶流西池田・土岐頼益がわざわざ養子の一色成頼に家督を譲るのも母系で何か理由があるのでは。)

関東との結びつきを、義教に嫌われたのが第一なのでしょうね。

一色氏の影響力は、この頃、

三管領の細川・斯波・畠山を上回るものだったのでは?。

義教のような将軍でなければ、もうすぐ四管領になれてたかもしれませんよね。

三管領家の嫉妬もあり、出る杭は打たれたのかもしれません。

いつの時代も、男の嫉妬はおそろしい。

さて、一色氏の重臣で気になる人物がいます。

三方範忠さん。

三方氏は若狭の豪族で、なんと、若狭氏の系譜。

若狭氏となる前は、津々見氏、その前は島津氏、その前は惟宗氏。

キタコレw。

惟宗氏は摂関家に出仕する京都侍の姓です。

やっぱり、信長様の地元重視路線で行く政治手法なら、

織田家重臣の惟住、惟任姓は、九州の名族からとった、

という奇想天外な命名法ではなく、

摂関家と京都侍を意識し、かつ若狭方面の朝廷領の横領もしくは、

復活と保護と、正式な代官職という正道の

ことでの改姓だったのではないでしょうか。


という結局、織田家オチの方に話は行くのですが、

この若狭の三方氏の子孫が、丹羽長秀や、明智光秀の家臣団や

一門の婚姻関係にどうにか絡んでこないものなのかが、

気になるところです。

播磨に残る三方氏と同族の島津一族なども・・。

明智光秀はこちら側との結びつきだったのでしょうか。

若狭はもちろん丹羽さんです。

いかが?。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/583-065e31b4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。