プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


「本能寺の変」について思う事

とりあえず、今週思いついたこと書き留めます。

1582年「本能寺の変」前の「甲州征伐」にて、

先陣を切った信忠、副将・川尻秀隆軍団と、

織田主力軍の片割れ、信忠の後見人・瀧川一益が

武田家を滅ぼしてしまいますが、

遅れて信長様も出陣、そのお膝元を支えるために、

主力軍の片割れ・惟住(丹羽)長秀と、

一益の代わりに格上げされた、

惟任日向守(明智光秀)軍も織田家信長本隊を

形成するの主力部隊として従軍。織田軍の本軍は

長男・信忠だけの軍団じゃなく、まだ、これだけの威容があるというのを

武田家領民に知らしめる為の軍事パレード的な出陣だったと思われます。

そのまま、北条領か、上杉領への乱入も可能な状況だったかと思われますが、

信長様には朝倉攻めの前科があって、浅井長政のような後方での裏切りが

きっと警戒されて、北条を攻めれば上杉が後方から、

上杉を攻めれば後ろから北条が、もしくは最悪の場合、家康が?

という警戒心もあって、駿河・遠江・三河の統治状況、仕置きを確認して、

迅速な軍隊の移動ができるか、東海道の普請状況、街道も確認して、

帰還したのだと思われますが、その最中に何があったかというと、

関白・近衛前久との喧嘩。関係良好だった二人が何故、険悪になったか。

上杉家に一時世話になっていた前久が、上杉を武田のように滅ぼさないでと

嘆願しまくったんじゃないでしょうか・・。

それで、「近衛!われはさきに 帰れ!」と信長様の怒りを買ったのでは?


また、北条家はもともと伊勢長氏という室町幕府政所所司

・伊勢家とつながりのある家柄です。

惟任日向守の家臣には、伊勢家嫡流の伊勢貞興がいて、この人は

織田信忠攻めの主力をつとめ信忠を死に追いやっています。


二条御所攻めに手を貸した近衛前久、攻撃主力の伊勢貞興。

上杉・北条も、長宗我部家と斎藤利三のつながりなみに

怪しいのでは・・・と思いました。



banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/578-568d8d88

 | BLOG TOP |