プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑前守・日向守・備中守

三好家の家臣団を鑑みて、


1568年の織田信長の上洛、三好三人衆との抗争、

1570~1575年にかけての死闘。

1575年武田軍との「長篠の合戦」の勝利による畿内の安定。

織田政権としての家臣団の官位の任官。

羽柴秀吉の「筑前守」、

明智光秀の「日向守」、

原田直政の「備中守」、

先代三好政権を奪取したことによる、

三好家嫡流の代々が称する「筑前守」、

三好三人衆の盟主である三好長逸の「日向守」、

康長の家老である三好長房の「備中守」、

これらを織田政権が正当に引き継いだという

宣伝効果を狙っての官位任官だったのではないのでしょうか、

三好長逸は南山城から丹波方面にかけての軍事的司令官のようですし、

その版図は、明智光秀の支配するところと重複するのでは?


織田政権が、すでに九州を意識して、九州の守護職である官位名を

重臣たちが得たのだという解釈は、

後世歴史家の安直な思い込みなのでは?

1575年時点では、畿内の占領政策の安定こそ、

織田信長の目指したものだったのではないのでしょうか?

と妄想してみた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/576-815c617a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。