プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細川水軍・安富氏

戦国の海外乱闘事件つながりで、

当時瀬戸内海で精強を誇っていたのは安富氏。

村上水軍よりも、安富氏でしょう。


讃岐の香川・香西も安富につづいて海運に従事していたと考えれます。

阿波側の三好家が台頭してきたのは、

大内家との関係が悪化して、瀬戸内海に蓋がされ、

讃岐側の諸氏が、利権を失ってしまったからではないでしょうか。

瀬戸側の備前・細川氏や、

香西・香川みな没落のタイミングが通じるような気がします。


阿波からは、薩摩・琉球や、伊勢湾、

東海道側の湊へも、出航が可能だったことでしょう。


嫡流・大内義隆と、庶家・陶晴賢の確執は、

背景に勘合貿易をめぐる利権を得ようと、

外部勢力が陶氏の買収に動いたというようなことは

ないのでしょうか。


西国の動きは、なかなか一筋縄ではいかない気がします。

石見銀山を巡る、大内・尼子の関係。

生野銀山を巡る、山名・細川の関係。

陸は陸で、実利を求めての争いがあったことでしょう。

備前・美作では刀剣の資源・砂鉄を巡る争い。


巨大な利権が、戦国大名の動きには絡んでいると思われます。


津島の商人で信長の右筆兼奉行の松井友閑さん、

彼の一門が、のち長岡藤孝に仕える、松井康之ともいいます。

彼は日本海側の織田水軍の旗頭となります。


細川末流の藤孝と、水軍の旗頭・松井氏の結びつき、

「勘合貿易」の残像が背景にあったりすると、おもしろいですね。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/570-91e3b81f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。