プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倭寇の領土だよ、全部

「応仁の乱」の頃が倭寇のピークっぽいですね。

世が乱れれば、

国を捨て新天地へ、

自由人が倭寇なんでしょう。


んで、鉄砲をもたらしてくれた王直とか、

彼も時には倭寇だったようですね。


琉球の尚氏も、南北朝の頃に成立ですし、

当時の中国政権からすれば、

支配外だったから倭なのでは?

ましてや今の3か国の政権が、

それぞれ我が領土というのも、どこに根拠があるのか。

時の政権に従っていないから「倭寇」であって、

自由人の集団だからこそ、誰の国家にも束縛されないのでは?



「倭寇」こそ、領土を主張しても、いいんじゃない?。



子孫さん、

「刮目せよ!」



で 現在、

子孫の人達が残っていれば、それぞれの占領政権から独立し

第4国目を作ってみてはどうでしょう(え。


軍事力的にムリか・・。


倭寇の足跡があるところは、

中立地帯にして、どこの国も領土を主張しなければいいんじゃない。



コンスタンチノーブルの大聖堂みたいに・・。

政治不介入の人類の聖域とはできないものでしょうかね・・。


「倭寇沿海州自治自由貿易区域」(超越的経済特区)


国ではなく、在地住民にメリットがあると思いますが・・。


来年は日本はどうなることでしょう。

さらば平成24年。


いつもたわごとに付き合っていただき、

ありがとうございます。

 皆様、よいお年をおむかえ下さい(祈。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/566-259a54fe

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。