プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


織田弾正忠家の台頭について整理

管領家・細川(養子)兄弟の抗争



細川澄元の覇権(足利義澄を擁立)

↓ 今川氏親・伊勢長氏の三河侵攻。

大内義興の上洛(元将軍・足利義材(義稙)を擁立)

↓ 斯波(一色)義達の遠江守罷免、今川氏親の遠江守就任。

東海道の大乱

↓ 斯波義達の敗北
  大内義興の帰国

細川高国の覇権(足利義晴を擁立)

↓ 六角定頼・朝倉孝景・北畠晴具・今川氏親・織田達勝の支持

  浦上村宗・

  赤松政祐の裏切り

細川晴元の覇権(足利義維を擁立)

↓ 浅井家の台頭
  織田弾正忠家の台頭

三好長慶の覇権

尾張・三河の豪族が、それぞれどの将軍、管領兄弟を支持するかで、
斯波派、今川派にも分かれ、

中央でどの政権が成立、没落するかで、
地方の豪族の消長も起き、

その混乱の中で、
三好家と結んだ織田弾正忠家が
斯波家、大和守家を凌いでいったのでしょう。

今の歴史観は、はしょりすぎ、というか、
大内義興・細川高国と尾張について研究しないと、

戦国は見えてこないと思う、今日この頃。

これに美濃斉藤家と、美濃土岐・北伊勢土岐、

北伊勢諸豪の支持先を絡めると、尾張の戦国もみえてくるのかなっと・・。

一色よりの石川家、
大内よりの山口・佐久間家、
細川よりの戸田家、

児玉党でない家紋が波多野氏系統の丹羽家、
近江出身の余語家、村井家、

関東色のつよい川尻、坂井(酒井)、大須賀家。

豪族達の動きも、いま言われている以上の背景があると思います。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/541-25e2248a

 | BLOG TOP |