プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


美作守護・佐々木秀貞

建武新政直後の美作はどうなっていたのか。

今、頭から離れないのテーマです。


「佐々木秀貞」

京極高氏の息の高橋秀宗と、

四郎左衛門尉で名乗りが同じということで、

同一人物なのかもと・・。


秀宗の母は室町幕府政所所司にもなる、実力者、

二階堂時綱の娘。


二階堂氏が中国地方にも勢力を扶植していたのなら、

秀宗の美作守護抜擢もありえなくないのでは。


ここで更にややこしくなるのが、

富田判官という名乗り。

出雲守護、塩谷(塩冶)判官の高貞一族にも、

出雲富田月山城と関連のある富田氏があるとか。


近江にも富田があり、京極高氏の子供が

富田を名乗っても違和感はなし。


家紋も、塩谷か、京極かで違いがあるようですし、

尼子氏は京極の系統のようですが。


どこで入れ替わるのか。


というか、高ノ師直に追われて塩谷氏が滅亡した後

どうなったのか、

足利直冬の側近として活躍した秀貞の息子、

佐々木直貞の事績を消すために何かを抹消したのか、


それとも尊氏派の父・京極高氏に従わず、

母方の二階堂時綱に従い直義派となったため、

佐々木秀宗の事績がよくわからなくなったのか・・。


それとも毛利家が、美作を支配した際に、

尼子(京極佐々木)氏の系譜を抹消するために

すべてを排除したのか。


どうにも気になる、中国地方の佐々木氏です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/535-cc2ea68f

 | BLOG TOP |