プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


読者登録ありがとうございます。

tuchidagoze.jpg

信長のお母さん、土田御前のつもりで書きました。

髪型がありえないと、娘から注意を受けましたが、なにか。

自分の中ではこんなイメージです(笑。

男の人を手玉にとる美人。

熟女のような気もしますが、

若くして信長を産んだなら、1551年時点では、

30代半ばくらいの若いお母さんのような

気がしなくも無いですが・・。

出張から帰って、パブーを開いてみたら、

どなたか読者登録をしてくださったようで、

ありがたいことです。

感謝感謝。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

スポンサーサイト

コメント

天物知??

阿多根命
= 建彌己呂命
= 天物知

大麻比古
= 大日腹富命
= 意富伊我都命
= 孝昭天皇

天物知 OK??

はじめまして

実家の過去帳にあるご先祖様の名前を検索し、貴ブログに巡り会いました。 
ご先祖様の名前は佐々弥三郎実治。天正19年10月5日99歳で没、とあります。父からは、織田信長に仕え、晩年は名古屋市平田、城というところに居を構え隠居生活を送ったと聞いています。
あと、佐々弥三郎清実。こちらは、元和8年8月8日没とあります。年齢からすると、信長信忠の馬廻として仕えたのは、清実さんでしょうか。
無知なので、ひょっとして、よその弥三郎さんでまったくの勘違いだったらスミマセン。今まで聞いてた話とドンピシャだったので、「うちのご先祖様が、あの信長と言葉を交わしたかも、相撲もとったかも!!」とか思って興奮してしまいました。
突然の長文失礼しました。これからもときどき覗かせていただきます。

Re: はじめまして

はじめまして、つんさん。

過去帳しらべてみるのは楽しいですよね。
うちも、母方は美濃武芸町の分陽寺に墓があって、
土岐美濃守支流のようです。

明智光秀とか親戚なのかなあと思って、
歴史を調べてるうちにはまってしまいました(笑。

貴重な情報をどうもありがとうございました。

これからも宜しくおねがいします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/496-7b97229f

 | BLOG TOP |