プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


HP天下侍魂について

bulbosa様
はじめまして。


山科勝代については、蒲生家臣の子孫、
大野五左衛門『御祐筆日記』寛永19(1642)年著。

紹介されている文献は、
岩辺晃三『天海・光秀の謎-会計と文化-』
出版社: 税務経理協会 2002/10 です。

この方のHPに
学史上の詳しい経緯が書かれております。

http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20070120
よく調べておられます。
私が書くよりも、
きっと客観的な事実が伝わるでしょう。

それから、
HPの表題にも
一応書いておりますが、

趣味の範囲で
マイナー武将に対しておもうところを
「放談したい」という気持ちで
HPをたちあげましたので、
学問的な価値を
目指してるわけでもないのです。

自分としても
引用参考文献を載せるか悩みましたが、
「これは論文ではない」とわりきりました。

歴史に興味を持つきっかけとして
このHPを見た人が、
更に検索したり、本を探したりして、
どんどん日本史を好きになってほしいなっと
思ったわけです。

現状、ネットの世界では
コピペすればHPって簡単に引用できますし
卒論などにもそのまま転用とかできるわけです。

それなら、みていただいた方に
さらに調べて、原文を探し当てるとか
古文書を探す努力をしてもらった方が
日本史ファンが増えるんじゃないかと思いました。

そして本を読んだり、現地に行く楽しさをしって
どんどん歴史にはまってほしいという思いです。


自分がこのHPを立ち上げた
気持ちは、純粋に織田信忠や惟住長秀
瀧川一益といった日陰の武将がすきだからです。

というか、乱世に散って
埋もれた人物に光をあてたくて
紹介しています。

自分と同じように、今の勝者の歴史に
疑念を持ってる人がいればなあ~と
なんとなく賛同者を求めてるような感じです。

bulbosa様から
ご指摘いただきました点、
これから考えていこうと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

再度ロルテス

文献学なので時間がかかりますよね、大変でしょう。

誰も知らぬ、驚くようなminorな人物が多数載っており、ホホウ、ヘエエ、どこに載っておったんやろと驚きましたので、原典を知りたく思ったわけです。あ、私は科学者です。

ええっと、この掲示板の構成が良くわからぬため、私の発言を引用することができませんので、複写して保存しておいたデータを下に引用して再度お尋ねします。
*********************

⇔▽ロルテス (*)山科勝代・羅久呂左衛門・勝成。イタリア人。

このロルテスとイタリア人という言葉の間に日本人名が挟まっている形が奇妙なのです。解釈に頭を悩ませたところ、ロルテスの日本名が挟まっとるのかなと思いついたのです。当たっているかどうか、この点のご説明を望みます。

そして、このような記述形式の原則をpageの冒頭に示してあれば場所を教えてください。無いならば書いておくことが読者を迷わせることになりませんので好ましいでしょう。

加えて、 ⇔と(*)との記号の説明を置いてある場所もお願いします。

最後に、この人が載っている文献をぜひ教えてください、読んでみたいので。

bulbosa様

読んで頂いて有難うございます。
大変悩ませてしまいすみません。
確かに説明がたりていませんでした。

構造的な問題、
改善していきたいと思います。

⇔ ←他のページにも再度登場していますの意味です。
▽ ←配下・家臣の意味です。

ロルテス (*)←生没年不詳の意味です。

山科勝代・羅久呂左衛門・勝成。←日本名の名乗りです。

このロルテスとイタリア人という言葉の間に日本人名が挟まっている形が奇妙なのです。解釈に頭を悩ませたところ、ロルテスの日本名が挟まっとるのかなと思いついたのです。当たっているかどうか、この点のご説明を望みます。

↑ご推察の通りです。

そして、このような記述形式の原則をpageの冒頭に示してあれば場所を教えてください。無いならば書いておくことが読者を迷わせることになりませんので好ましいでしょう。
加えて、 ⇔と(*)との記号の説明を置いてある場所もお願いします。

↑是についても改善していきたいと思います。

最後に、この人が載っている文献をぜひ教えてください、読んでみたいので。

↑上記しましたが、

紹介されている文献は、
岩辺晃三『天海・光秀の謎-会計と文化-』
出版社: 税務経理協会 2002/10 です。

この方のHPに
学史上の詳しい経緯が書かれております。


http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20070120
文献について、よく調べておられます。

私が書くよりも、
きっと客観的な事実が伝わるでしょう。

上記URLをEXplorerの検索に貼り付けてHPを
ぜひ訪ねてみてください。

よろしくお願いします。

三重県城郭一覧への要望

城、砦、館の名前の一覧なので現在の状態がわかりません。
訪れて石垣だけでも見ることができるかかどうかに関して
現状を知りたく思います。津市に関してだけでも。

あ、それから、ほとんどが・・・城と成っておりますが、
文献にそのように書いてあるのでしょうか。
たとえば山城では、僅かな石垣を築いただけであって
中は木造の建物であったのならば館や砦とする方がよいと思うので。
城というと天守閣がある数十万石の江戸時代のそれを
どうしても思い浮かべるので
中世以前のものに「城」を使うことはほとんど不適当な気がしますが
どうなのでしょうかねえ。

bulbosa 様へ


三重県城郭一覧への要望
城、砦、館の名前の一覧なので現在の状態がわかりません。
訪れて石垣だけでも見ることができるかかどうかに関して
現状を知りたく思います。津市に関してだけでも。

→当方、北海道在住のため、
 三重県の現況はよくわかりません。
 通常、現地の教育委員会が史跡指定して
 保護していると思います。
 津市の教育委員会のHPを訪問するか、
 津市文化財課に問い合わせて
 頂けると確実でしょう。

あ、それから、ほとんどが・・・城と成っておりますが、
文献にそのように書いてあるのでしょうか。
たとえば山城では、僅かな石垣を築いただけであって
中は木造の建物であったのならば館や砦とする方がよいと思うので。
城というと天守閣がある数十万石の江戸時代のそれを
どうしても思い浮かべるので
中世以前のものに「城」を使うことはほとんど不適当な気がしますが
どうなのでしょうかねえ。

→歴史的には、
 663年に朝鮮で「白村江の戦い」に敗れてから、
 日本各地に朝鮮式山城というものが
 造られるようになるようです。
 (天智天皇の命で造られた大阪の高安山城などです)
 そこから城という言葉は
 使われ始めている様子なので、江戸時代以降からと
 縛るのは難しいようです。

 南北朝時代でも楠木正成が立て篭もった拠点を
 千早城、赤坂城という具合に、
 防御的山城に対して、
 幕府軍がそう呼んでいますので
 総石垣じゃなくても
 昔から城とは呼べそうです。

 上杉謙信の春日山城や、
 浅井長政の小谷城も、
 山城ではありますが、
 城には違いありません。
 なかなか定義するのは
 難しいものなのかもしれません。

 織田信長、豊臣秀吉が築いた
 織豊系城郭以降のものは、
 
 江戸時代の近世城郭として区分して
 呼べるんじゃないでしょうか。

 城については、私は
 まだまだ勉強不足ですので
 地元の城郭研究会などのHPを
 検索していただけると有志の方が
 みつかるかと思います。

当方、普通の会社員ですので、
現在は年度末で仕事に追われ
HPを更新する時間が
なかなか つくれませんが、
趣味として頑張りたいとおもいます。

イベント企画のお願い

はじめましてなのですが、お願いがあります。

僕は埼玉県の川越の大学に通っており、川越という町が好きになってしまいました。
しかし川越は蔵の町ということばかりが有名になってしまっており、歴史がとてもおもしろい町であることを知っている人が非常に少ないというとても悲しい現状です。

沢山の武蔵武士が居ますが、中でも「河越太郎重頼」という平安武将の武士はとても歴史上で面白い人物です。しかし、河越氏は滅ぼされてしまったので、容姿、言葉、風貌等が一切現代に残っておりません。

なので彼の容姿、格好を想像で考えたイラストを募集し現代に甦らせたいと思っております。
そして川越の町興しにできたらとも考えております。
pixivでイラストを拝見させていただきまして是非ともこの企画に参加していただきたく思い連絡させていただきました。
詳細などは自ブログにて時折追記しつつ掲載しております。
http://blog.livedoor.jp/sakayawafuku/archives/51667667.html

いきなり不躾なお願いですが、よろしくお願いします。

HPとpixivとを間違えて書いてしまいました。面目ないです

kirth様

はじめまして。

「pixiv」の存在をはじめて知りました。

ありがとうございます。

当方、今、

絶頂的に仕事に追われる身ですが、

息(ガス)抜きをかねて

できるだけ、善処したいと思いまが、

できなかったら ゴメンナサイです。

ご了承ください。

今後とも宜しくお願いいたします。

忙しいところに申し訳ありませんでした。

頭の端っこにでも入れて置いていただけたらうれしいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/455-c7d62b2f

 | BLOG TOP |