プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰道方面軍・上野頼兼

odanobu976.jpg

ちょっとワイルド系に決めてみました、

足利尊氏一門の猛将・上野頼兼のつもりです。

上野家は足利一門衆。八条院領上野荘の領主の家柄。

上野頼兼 (*~1351)上野・左馬助。足利一門。三河一色党。
上野頼遠(頼勝)の息。弟に氏勝。1336年3月筑後黒木城攻略に大将。
4月尊氏の西国落ちに石見を守備、周防に転戦。丹後・石見守護。
1343石見都野城攻囲。村井城攻囲。1348年石見三隅城攻囲。
1351年但馬守護。但馬にて戦死。息に上野直兼、詮兼。

<幕府創業期、山名時氏を従えて山陰地方を制圧していたかもしれない。
HP「天下侍魂」より引用。>

大将として軍団を率いたのは一代限りのようで、

子孫は将軍付きの側近。

渋川氏とよくにた感じで幕府の中枢で重きをなします。

というわけで、

政権の中央に残る事と、
地方の領主となること、
どっちが出世といえるのでしょうか。

幕府が強力なときは、守護よりも
力があったんじゃなかろうか
と妄想せずにはおられません。

というわけで、

山名家のおかげですっかり影の薄い上野頼兼および上野家を

室町幕府初期の功臣として推奨したいものであります。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

グリー

やっぱりグリーなら安心して友達、恋人が探せます。夏休み中の今ならすぐに会えるかも!?素敵な出会いを楽しんでみませんか

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/438-858f7981

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。