プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家康 旗揚げ

odakiratoku001.jpg

家康の戦国大名への出発について考えてみました。

濃い緑の拠点マークが岡崎城、1560年以降の家康の本拠地です。

織田信広の拠点だった安祥城はどちらのものだったことでしょう。

1561年佐久間軍団が西三河の伊保、挙母、寺部を押さえています。

吉良氏は今川に謀反したことにより東条に込めおかれていたようです。

西尾(吉良)吉次は織田家にお世話になり西尾城に復帰させてもらった模様。

1582年信長の武田攻めの帰り、西尾・小栗・浅井などが街道を整備して

褒められています。

荒川義広が親今川派としてずーっと頑張ってきて1563年水色の範囲で

三河一向一揆の争乱が有ります。

ついでに家康の父・広忠を匿ってあげた

吉良家老・富永氏も家康によって滅ぼされます。

オレンジ色部分が野田大宮司・富永菅沼氏が関連する荘園領。

徳川*神将と崇められる武将で何故この武将の名があがるの?

というぱっとしない武将も、

将軍家が秘密にしたい歴史で詳しく語ることはできないけど、

夏目、蜂屋、渡辺などの諸氏が味方になった貢献度が大で、

名前が残っているのでしょうか。

のちのちの石川軍団の松平氏は矢作川周辺に分布し、

織田家の国境はこのへんなのかな?と推測されるものが有ります。

酒井軍団の分布は、松平家の領土拡張のありかたに、

いつの時点でここにいついたのだろう?

と疑問がわいてくるものです。

そのほかにも上野城、酒井忠尚の家臣、大須賀康高、本多正信

今川家の侍大将・松井忠次、

語られない経歴が、とてもとても気になります。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/433-e4907c47

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。