プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桶狭間「私的解釈」

okehazama03odanobu.jpg

「桶狭間の合戦」について私的におもうことは、

「奇襲攻撃」といえば奇襲攻撃。

「正面勝負」といえば正面なのだろうなという思いです。


信長様は、義元が大兵力を擁している心理をたくみに利用して、

尾張国境のあらゆる方面から、

今川軍が同時に乱入させるように仕向けて、兵力を分散させ、

一点集中で大軍が向ってこないように、

前段階であらゆる手段を尽くしているように思えます。

前哨戦で三河の海岸を奇襲するのも、

義元本隊がこちらがわから攻めてくるようにと

義元本軍のルートを、信長様の思うように

誘導していたんじゃないのでしょうか。


また、多くの砦を築くことで、

今川本軍が、人数を更に割く状況を

導き出したのではないのでしょうか。


こうして分散した今川緒部隊に発見されないで、

懐に潜入し、義元旗元のみの本軍に正面攻撃を仕掛ける

というのは奇襲以外のなにものでもないと思いますが如何?

義元さんは心理戦で術中にはまっていたのでは?

信長様は まさに野戦の神様だなあ~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/432-b7f5b1d8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。