プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


北条泰時

nixtuta952.jpg

今日の気分で鎌倉時代、

鎌倉幕府第三代執権「北条泰時」さんのつもりです。

最初の名称は北条頼時。

江間頼時 (1183~1242)北条泰時・太郎・相模太郎・武蔵守・駿河守・左京権大夫・修理亮。☆「得宗3代」。六波羅探題職<北・1221~1224>。北条義時の嫡男。母は阿波ノ局。三浦義村の娘婿。のち安保実員の娘婿。1212年「和田の乱」に将軍御所守備。戦功により陸奥遠田郡地頭。1221年「承久の乱」上洛軍。六波羅探題北方奉行。1334年北条経時の元服式に列席。娘婿に三浦泰村、足利義氏、北条朝直、池頼清。息に時氏、時実、公義。60歳で没。

(天下侍魂より)

六波羅探題職を勤めてる最中に、

父が死没してしまい、鎌倉にいない間に

弟が執権職に擁立されてしまいそうな状況となり、

足利義氏と合流して、迅速に鎌倉を

軍事的に制圧するという、

なかなか危機的な家督継承をしています。

自分的には、

鎌倉幕府は三代目ががっしり基礎固めをして、

あとの何世代が惰性で北条氏が続いたような

印象をもってます。

というわけで、「天下侍魂」は

鎌倉時代を重点的に、南北朝初頭を更新中です。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |