プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源ノ為義

minamoto946.jpg

今日の気分で源ノ為義さんのつもりです。

「天下侍魂」は源氏の系譜のページを更新中なので。

八幡太郎の義家の跡、嫡男・義親が西日本で

大宰府の大江に汚名を着せられ、

追討されてしまいますが、

(奥州で陸奥守や鎮守府将軍を望んだように、

 九州では大宰大弐を望んだのかもしれませんね。

 大江がライバルを蹴落としたのでしょう。)

替わって嫡男となっていた親平家の義忠さんが、

叔父の新羅三郎・義光に暗殺され、

その跡に義忠さんに養育されていた、義親の息子の為義さんが

河内源氏の惣領となります。

義忠さんと平家の娘との間に生まれた、

河内源太は義朝に従うようです。

ややこしい関係です。



河内源氏の跡取りとして認識されているということは、

為義さん、それなりの器があったということなのでしょう。


評価されても良い武将なのかなあ。

にしても長男の 源ノ義朝が暴れん坊すぎて、

親子で殺しあう結果となったので、

評価のしようがなくなってしまったのかなあ。


義朝も頼朝が天下をとらなければ、

もっとも最悪な武将とされてそうですけど。


やはり伝わるのは、勝者の歴史なのだなあと思います。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/416-9f9a16c7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。