プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金森長近

kanamori931.jpg

今日の気分で
斎藤道三の娘婿、金森長近さん(のつもり)です。

しかも織田信長さんとは相婿の関係で、

親衛隊「赤幌衆」のひとりです。


飛騨方面軍遊撃軍団長!! と呼んだら駄目ですか?(笑。



1575年「長篠の合戦」に、激戦の搦め手軍にて軍功。

越前侵攻には、原長頼とともに

美濃の濃州口群上表から越前大野郡に乱入する搦め手軍。

大野郡を二人は与えられ、北陸方面軍の柴田配下の将とされますが、

実際のとこ どうなんでしょう? 

軍団長級の武将として立派に活躍してるような・・・

しかも柴田配下として、専門的に活動してるんでしょうかという根本的な疑問。


摂津出陣の際には柴田軍とは別に織田信忠さんの指揮に従ってますし。

甲州乱入の際には飛騨口の責任者として、

織田信忠さんの搦め手軍を指揮しています。

飛騨の三木、姉小路、内ヶ島氏が滅亡し、

金森長近の子供達は相次いで死亡し、養子の可重が継承したので、

事績があやふやな関係で、評価がぱっとしない武将に

なってるような気がします。


郡上の遠藤氏や、飛騨国衆との係り、目立たない地域とはいえ、

飛騨方面の調略に長近さんは心を砕いていたんじゃないのでしょうか。


信長様に早くから従っていた美濃衆の

蜂屋頼隆と金森長近の両雄。

「本能寺の変」後に追い落とされて、不当に評価が低いと思います。


太田牛一さんが書き忘れてるってこと

ないのかなあ・・。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/409-f179b187

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。