プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一豊祖・山内首藤資清

odano925.jpg

坂本龍馬つながりで、土佐藩の山内家、
織田信長に仕えた初代・山内一豊。

その祖といわれる山内首藤・藤原資清の
つもりで描いてみました。

平安時代の甲冑って首が無防備な感じするので、
仮面ライダーみたく
マフラーつけてみました(エ。

河内源氏の源ノ頼義に従って前九年に従軍。

その息子は13歳で源ノ義家(八幡太郎)の後三年に従い、

その嫡男・源ノ義親の九州での反乱に、
義家から説得工作を託されますが、
義親とともに反乱するという・・・。

早期の武士の中心近くにいる
有名な家系なのですが、
実際に山内一豊とつながるかどうかは判りません。

信長様の家臣団ってほとんど、
先祖の経歴詐称でしょうね。

いいところにルーツみつけるのが
一般的なくらいに、
昔の武士団や武将の英雄譚が、
戦国の世にしられてたんだなあ~というのが
驚きですけど。

戦乱の中でも、
「軍記物」を武士の息子は
勉強させられてたのでしょうか。

嫡男・信忠があたえられた越後平家の
「秋田城介」やら、

信忠側近の梶原忠正が名乗った
三浦義村の「男平六」をもじったような「団平八」。

九州・緒方の家督伝説のパクリような
伊勢・関家の家督伝説。

信忠さんが重用した尾張・山田家(尾張源氏)や、
鎌田一族(山内首藤の流れ)。

すっごく源平マニア感が伝わってきます(笑。

織田家中の人ってけっこう
歴史の勉強が 好きやったんやなあと思います。

そおゆうのに詳しい老臣が(林秀貞とか?)
尾張に居る若者達を教育する役割で
きっといたんでしょうねえ~(妄想パターンでw。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」


どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/405-4a1f35dd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。