プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平忠盛(平ノ忠盛)

odano904.jpg

今日の気分で、平家創業期の平ノ忠盛さん!!(のつもり)

武家の棟梁・源ノ義家の息子、
南海の海賊王・源ノ義親さんの叛乱を
朝廷の命で押さえ込んだ平ノ正盛さんの息子さんです。

経歴は、
平ノ忠盛:(1096~1153)検非違使・左衛門大尉・伯耆守・備前守・伊勢守・播磨守・美作守・越前守・正四位刑部卿。平ノ清盛の父。平ノ正盛の息。弟に平ノ忠正。1113年、興福寺の僧兵から京都を守る。1129~山陽・南海道の海賊を追討。白河法皇の信頼を得て平氏繁栄の基礎を作る。1135年、西海の海賊の追討使となる。藤原頼長が評して「数国の吏を経て、富巨万を重ね」、奴僕国に満ち、武威人にすぐ」『台記』と記している。肥前国神崎荘を拠点に中国貿易。58歳。兄弟に盛康、盛長、忠正。

HP「天下侍魂」より引用。

戦国時代末、織田政権の目指していたもの。
それは信長さんの嫡男・織田信忠さんが改名した頃から
理想というものが見えてきてたんじゃないでしょうか?

(以下、妄想ですw)

もともと織田信重という名前を名乗っていたのは、
平ノ清盛さんの嫡男が重盛という名前だったからでは
なかろうかと、推測。

信忠と改めるのは、
織田が平家の末流ということで、源平交代思想にのっかり
世に織田政権を具現するにあたって、
志半ばで散った平ノ重盛さんにあやかる名前はどうかと、
どこかで一抹不安を感じたのではないでしょうか。

で、南海道を制して中国との貿易で巨万の富を得た、
平ノ忠盛こそが、
信忠さんの意識にピッタリときたのでは
ないでしょうか。

毛利を征伐したのちの織田政権下で、
瀬戸内海は南蛮貿易などにより再び活況を呈し、
厳島神社の社殿はもっと巨大なものに
変わってたかもしれませんね~(笑。

そういえば、
秀吉さんの造った名護屋城が、
安土城と微妙に形が似てる気がするなあ・・・。
建物と武将の配置は、
安土を踏襲してるかもなあ(妄想)。



banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しています。

上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP

「天下侍魂」
織田信長の家臣団と軍団

どうぞ御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/392-72bdb698

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。