プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森可成

odano882.jpg

今日の気分で森可成さん!!(のつもりです。

親父殿・信秀公が任命した那古屋城の
一の家老、林秀貞兄弟の離反に対して、

織田信長様が期待した新戦力代表が
森可成さんのようです。

斎藤道三の槍奉行・林殿の縁戚のようですし、
稲葉一門つながりで、
同じく親戚の林秀貞さんに代るものとして、
森一族が台頭したんじゃあないでしょうか。

南北朝期に遡って、
南朝方に忠節を尽くし、新田軍の
数々の合戦で先陣を務めてきた
河野一族の末裔を、
武門の誉れ高い一族として、

各戦国大名は血縁につらなる者なら
自分の配下に置きたかったんだろなあ~と
想像されます。

なんていうか、「特攻隊長の遺伝子」って
あるんでしょうかね。

その遺伝子の結晶というか、
息子の森長可さんが
対・武田戦で先陣を務め
武田家をあっというまにたいらげてしまうところが

積み重ねてきたものが
見事に花開いた感じですねえ。

それにしても、
坂井政尚と森可成さんが
柴田勝家さんのことを、
「なんで柴田は矢球の飛び交う戦場で
 (かがまないで)立って指揮するのだ?」
と不思議がってたという逸話があることを
最近知りました。

さっすが、というか森・坂井という
勇将に「すげえ」とおもわれてる柴田さんが
スゴイw。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP

「天下侍魂」

最近の思うところで更新しましたので
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

森可成、森蘭丸の父ですね。
この絵のような猛将だったのでしょうか。
あまり知られていない人物のように思われますね。

こんばんわ

はじめまして(^^)

コメントありがとうございます。

なんとなくおもいつくままに描いているので、
このような方だったかは定かでは
ありませんです(妄想です。

軽い気持ちで見ていただけると有難いです。

今後とも宜しくお願いいたします(ぺこりん。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/379-ffbadef8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。