プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


島津義久

odano881.jpg

今日の気分で島津義久!(のつもり。

1581年頃に信長様から
はるばる「大友、島津の停戦」交渉の使者が
派遣されたときの当事者として。

なんでか早朝に目が覚めたので、
思いをはせてみました。

肩書きをつけるなら、
「関東贔屓馬鹿一代男」かなあ~
ともおもったんですが、
なんかあれだなあと思って
やめときました(笑。

肝付兼続さんが悔し紛れに放った言葉です。

ある意味、真実なんだろなあ~と
思ってますw。

やはり鎌倉時代からの血統の誇りとか、
使命感が、九州平定への原動力にもなってたと
推測されますし。

それにしても、
内・外の地頭を置いての
システマチックな支配は、
戦国大名っぽいというか、
信長様のやりかたと通じるものがあるのと
ちゃうのんかなあ~と、漠然と思いました。

足場を固めた親父の貴久さんが偉いのんかなあ。

で、息子達がその基盤の上に
方面軍指揮官として各地域を平定していく形でしょうか。
(織田家とにている・・)

ある意味南蛮の文物が、畿内に比べ
定着してきた感のある九州の戦闘方法と、

関東の戦闘方法を取り込んだ織田軍の
畿内の戦闘方法がぶつかった時って
どうだったんだろう~と妄想してしまいます。

しかし、島津義久さんは親織田派だった様子なので
(というか中央権力に畏敬の念が強いのかな?)
戦闘にまでならなかったでしょうか。

なんかいいこと書いてませんが、
戦国時代の当主ということで、
島津義弘殿よりも、義久さんが好きです!(なぞっす。

もう一回寝よう・・・・。zzz


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP

「天下侍魂」

最近の思うところで更新しましたので
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/378-4027d83d

 | BLOG TOP |