プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢部家定(康信)

odano880.jpg

今日の気分で信長様の側近、
矢部家定(康信)さん!!(のつもり。

ひさびさに人物です。
しかもペン書き。

最近ずっとペンタブレットの練習を
つんでたわけですが、どうも慣れませんね。

鉛筆下書き、ペン清書が慣れてるというか。
手早いです。

想像した通り更新がきつい。
まあ自己満足やから納得できればいいんだと
思うのですが・・・。

で、矢部さんですが、
最近気になる武将です。
秀吉さんと仲が悪かったので不遇のうちに生涯を閉じる
様子ですが、ある意味織田惣領家に忠節を尽くしたと
いえなくもないのかな??

長谷川秀一さんは朝鮮で客死。(秀吉に臣従。

堀秀政さんは大名となるも
都からは離れた場所やし、若くして病死。(秀吉に臣従。

福富・菅屋・森乱さん達は本能寺で散るわけですし。

矢部さん、なびかずによく頑張った(涙。

意地をみせてくれた感じじゃないでしょうか。
(従軍してるのかな?)

それにしても、
各方面軍に軍監(検使)として派遣される
中国方面軍の堀さんや、
中国→東海道の長谷川さん。
北陸道の菅屋さん。

あとは野々村さんとか、

今までこの人達は、
のちに秀吉さんが家臣団の中で、
石田三成を中心に形成したような五奉行のような、

元祖の織田家の五奉行体制だったのかなと
妄想してたんですが、

尊敬する谷口克広さんの『織田信長人名事典』
で河口宗吉の頁でみつけたんですが、

信長様側近の「10人の沙汰人」
という集団にふくまれる人達が
彼らであって、

彼ら10人の中からローテーション的に選ばれて、
順次戦場(最前線)に信長様の
指示をとばしにいってたのでしょうかねえ~。

ということは五奉行どころか
10奉行(え・・・。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP

「天下侍魂」

最近の思うところで更新しましたので
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/377-5c0124f2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。