プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹羽(惟住)長秀家臣団

korezumi002.jpg

1570年
丹羽長秀の佐和山入城から、
(仮称)北畿東方面軍が編成された
のではないでしょうか。

長秀さんと同陣する武将名、地理的な配置から、
ひとつの纏まった軍団と考えてもおかしくないと思います(妄想)。

korezumi002.jpg


1573年浅井・朝倉の滅亡から、
本格的に若狭支配に乗り出した
丹羽長秀。

1575年惟住姓を賜り、
その勢力圏の総力を挙げて
安土建設や、
若狭方面の治安維持と
織田政権の領国化に
邁進したと推測されます。

おそらく与力であったであろう
羽柴秀吉が天下人となってしまったため、
丹羽長秀の存在が不当に
ひきずりおろされている気がしてならないので、
なんとかアゲアゲ↑していきたいのですが。

しかし、一般ピーポの自分では
長秀さんの評価を覆すことは
なかなかできないので、

歴史家の皆様にもう一度、
検証していただいてですね、

長秀さんにも、こんなに輝いていた時期が
あったんだと
皆が納得する功績を見つけていただいて、

日本史の中での歴史的地位を
向上してもらいたいです。

というか教科書に常連で登場するくらいに
丹羽長秀公を応援しましょう~!!(エ。

織田家のために
みなさん頑張りましょう~。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
丹羽(惟住)長秀の家臣団と軍団のページ、
最近の思うところで更新しましたので
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/369-52bd7be6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。