プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惟住(丹羽)長秀居城

sawayama02_convert_20090705120708.jpg

今日の気分で佐和山城です!!(のつもりです。
sawayama02_convert_20090705120708.jpg

磯野員昌が退去したあと丹羽長秀さんが在番となり、
朝倉・浅井家滅亡後は、
越前・加賀の一向一揆、
または越後の上杉謙信の上洛軍への抑えとして、

北国街道に鎮座。
織田家に逆らった多くの武将の処刑場もかねた
要塞へと整備されていくようです。

浅井の磯野時代は六角氏に備えて、
南方面に守備の重点が置かれていたでしょうし、

織田時代は北向き。

南北に総構えを持った、巨大な山城だったんじゃあ~
ないでしょうかね?。

城内を縦断する街道への関所的な機能も考えて
いたのかと想像してみました。

のちに城主となる石田三成には
「すぎた城だ」と、
皆から羨望の眼差しを向けられる城です。

井伊直政さんが、
山城であることを嫌い、
1キロ離れた彦根城へと
拠点を移しますが、

前城主達が運悪く滅びたから縁起が悪いとか、

北国街道の蓋として機能しすぎるため、
通行の邪魔で、
道を開ける必要があったのかもしれませんね(妄想。

多くの石垣や建物が、
彦根城に移築されてしまったみたいですが、

整備してほしい城だなあ~と思います。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。


よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
明智光秀の家臣団と軍団のページ、
最近の思うところで更新しましたので
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/366-a8f5432d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。