プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溝口秀勝

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

odano868.jpg

今日の気分で溝口秀勝さんのつもりです。
(余裕があれば、また手を加えたいかんじ。)

丹羽(惟住)長秀さんに出仕した尾張の若侍さんで織田政権下では、

溝口秀勝 (1548~1610)竹・竹丸・金右衛門・伯耆守・定勝。尾張中嶋郡溝口の豪族。溝口勝政の息。幼少より丹羽長秀に出仕。1581年若狭国にて逸見昌経の跡職を相続。5000石。信長の希望で信長直参武将に昇格する。若狭高浜城主。6万石。

とゆうような経歴。

丹羽家中には青山宗勝や、古田重勝など
「勝」字をもつ武将が多くいるところが
なんとなくきになってます。

誰が烏帽子親だったのでしょう。
(織田信勝とか、ありですかw
末盛衆は解散したあと柴田・丹羽家にひきとられたとかで)

丹羽さんにとっての溝口さんとは、
羽柴秀吉にとっての堀尾吉晴さんのような存在かしら・・。

とゆうか、羽柴家中で信長様の直参に抜擢されたのは
木下小一郎(羽柴秀長)さんだけっぽい感じですから、
それくらいのクラスの武将なのかなあ~。

柴田家なら佐久間盛政さん。
明智(惟任)家なら溝尾茂朝さん。
瀧川家なら稲田九蔵さんあたりが同格くらいでしょうか(妄想。

信長様側近の中でも陪臣から直参で異色の経歴で
松野平助・一忠さんとともに
きっと織田家の支柱になっていく武将だったことでしょう(妄想。


ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」の
丹羽長秀の家臣団を御笑覧ください。m(_ _)m

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/362-9c7e0fc0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。