プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


一柳直末

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

odano837.jpg
今日の気分で 黄金色 秀吉さんの
黄色の一番、一柳直末!!(のつもりです)。

羽柴秀吉さんの黄幌衆の
筆頭だったかどうかわかりませんが、
一柳市介と1だらけなので
印象だけで きめました(笑。

1595年後北条氏との「小田原攻め」に
先陣を務め戦死なされるのですが、
秀吉さんはその「戦死を知り絶句した。」
とどっかで読んだ事があります。

信長様の死と、
どっちがショッキングだったでしょうねえ~。

という感じで、秀吉さんの
中での存在の大きさは
かなりのものだったんじゃあないでしょうか。

美濃時代に
上洛近江攻めに意気あがる織田家の頃、
秀吉さんの
与力となる様子ですが、
竹中半兵衛さんや、
加藤光泰さん、谷さんなど

きっと信長様の配慮もあって、
粒ぞろいの美濃外様衆が付属されたのだと
思います。

一柳家の先祖は四国伊予の河野氏とつながりが
ある様子で、

南北朝時代の南朝勢力として
新田軍に属して足利軍と戦い、
義貞死後も、宇都宮家とともに
加賀から美濃に転戦した一族の末なのかと、
かってに想像を膨らませていますw。

稲葉、林と親戚で名門中の名門。

この方も織田家の天下の中で
毛利攻め、九州攻めと
つづいていけば、
どこまで武名を高めていたのかなあ~
と思わせる人物であります。

信長様もその将来に
期待していたに違いない(妄想。

信長さんを支えた林秀貞さんのように
信長様四男、羽柴秀勝を支える存在に
きっとなっていったことでしょう。

とゆうわけで、
「天下統一」に若くして散った
黄幌衆の侍魂に、合掌。

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ
ページをリニューアルしました

リンクしてます私のHP 「天下侍魂」も

http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

尼子晴久様はまだかな?

Re: タイトルなし

> 尼子晴久様はまだかな?

コメントありがとうございます(^^)。

その日のきまぐれで
人物を きめているので、
あしからずです。

そのうち登場するかもかも?

尼子家は好きなので
可能性はありますw。

今後とも、どうぞ宜しく
おねがいいたします。 -しょう-

尼子家好きなんですか。
おれと気が合いそうですね。
おれも戦国のブログやってるから遊びに来てね。
http://21314649.blog54.fc2.com/

おはです。

ホムペ立ち上げ、
おめでとうございます。

更新がんばってください。
今後とも宜しくお願いします。

おはつです。

きっと信長様も
尼子家をキライじゃないと
思います(笑。

ブログ拝見させていただきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/340-752400b9

 | BLOG TOP |