プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤長龍

odano812.jpg
今日の気分で斎藤長龍(のつもりです)!!

文書として確認される名前は、
斎藤新五郎・利治さん。

ここでは伝承を主体としてますので
斎藤長龍さんで通します。ご容赦を。

伝・斎藤道三の甲冑を
見てて書きたくなったのですが
道三さんに着せてもとおもったので(謎、
息子の長龍さんに伝わったとこじつけで
描いてみましたw。

斎藤道三・秀龍さんの末子にして、
織田信長様の家臣。

嫡男・信忠さんの家老職として、
信忠さんの美濃支配を手助けします。

長龍さんは、謙信さんの死後に
信長様の意向で
飛騨・越中に侵入し、謙信公が近江から
スカウトし、北陸方面の司令官に据えた
名将・河田長親を撃破します。

次期、美濃侍の重鎮として
信忠さんにとって斎藤長龍さんは、
信長様にとっての明智光秀のような
感じでしょうか。

それにしても、
稲葉一族は、南北朝時代の
南朝の猛将・宇都宮泰藤とともに
美濃で北朝方と戦い続けた
河野一族の末なのかなあ。

四国の河野一族が、
新田軍とかの先陣をつとめてたから、
戦国時代になっても、河野末裔の
林一門、稲葉一門、一柳一門が、
軍奉行として重宝される家系と
なったのではないでしょうか?(妄想~)。

とまた話しがそれてきますが、
道三殿の予言どおり
息子は織田の門に馬を繋ぎましたw。

信長様への美濃譲り状の手紙は
きっと長龍さんが届けたんだろうな~(妄想)。


明智光秀さんの謀反に
長龍さんはどんな気持ちを抱いたのでしょうねえ。
降参しないで敢闘したようなので、
やはり元美濃の国主筋という血統の
プライド的にも「光秀許せん!」と
思ったのかもしれませんねえ。

織田信忠さんとともに
二条御所に散った、
斎藤長龍さんの侍魂に合掌。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ
ページをリニューアルしました

リンクしてます私のHP 「天下侍魂」も

http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/328-9d733453

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。