プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平頼盛

odano808.jpg
今日の気分は平ノ頼盛ですっ!!(のつもりです)。

平治物語を読んでると、
源氏との郁芳門での戦闘の中で、
平ノ頼盛さんが郎党を率いてる場面が
あるのですが、
配下の武将の名字が全て省略されているので、
姓がなんなのかよくわかんないのです。

平家でなければ人にあらずの
平家一門の結束強い一家なので、
郎党も当然に平姓なのかなあ・・・。

頼盛殿は、
清盛公の苦手な継母・池ノ禅尼の実子なので、
兄弟の中でも特別待遇なのですが、

父・忠盛の形見の刀を頼盛が
持っているので兄弟不仲になったと
平治物語にも書かれていたりしますし、

兄弟の間に溝があったことは公然の様です。
(そこをまた後鳥羽上皇につけこまれたのでしょう。)

平治物語の作者からは意図的に
何かと差別されるようです。

平家滅亡後は何故か頼朝さんに厚遇されるのですが、

早くから一族から離反していたのでしょう。

頼盛さんの行動が、
後世に不忠として貶められてしまったのでしょうか。

それにしても、実際のところ
父・忠盛さんの直臣の系統は
この方に付属させられていたりしませんかね?

頼盛殿の家臣団の扱い、
なんか可哀想だなあと思う今日この頃です。


戦国の織田弾正忠家の、
信長様に付属された家臣(平手・林とか)と、
信勝(信行)さんに付属された
家臣(柴田・佐久間とか)の関係って
柴田・佐久間の方が厚遇されてて
清盛・頼盛の家臣と
逆なのが、おもしろいかも。

兄・清盛公とは別の道を歩いた
平ノ頼盛さんのあらぶる侍魂に
合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ
ページをリニューアルしました

リンクしてます私のHP 「天下侍魂」も

http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/326-b312425c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。