プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀尾吉晴

odano801.jpg
今日の気分は堀尾吉晴!!(のつもりです。)

最近、執事にこってるもんで(謎。


羽柴秀吉の執事的存在としては、
おとなでは蜂須賀さんや、
それにつづく竹半・黒官さんがいますが、

次ぎの時代を担う若手では?ということで。

稲葉山城攻略に道案内として活躍した、
堀尾茂助少年と、学研漫画に一番最初に
登場してくるこの人こそ、
古くからの馴染みでもあり
秀吉の執事というか、
子飼衆筆頭なのかなあ~
と昔から思ってたんですがw。


実のところ岩倉織田家に属していたようで、
北尾張の立地的な関係から、
茂助少年は
岩倉の殿様の命で、
同盟の使者として美濃稲葉山(斎藤家)に
出入りしていたかもですねえ。
(そんで道案内とか。)

家系的には高階家の流れということで、
足利家執事(執事づくしだな~)、
高の師直さんと同じ家紋。

秀吉所属となって確かな戦功としては、
金ヶ崎の退き口に参戦していることは
間違いがないようです。

その点、岩倉時代の同輩だろうと推測される
山内一豊少年とも同じような経歴です。

岩倉衆は、信長様への忠誠心をこの戦いで
試されていたのでしょうかねえ?

豊臣政権に豊臣三中老として、
生駒親正(ほんとは息子の一正のほうか?)
中村一氏(瀧川一益の親戚)とともに
抜擢されています。

羽柴家の中では、一柳直末や、山内一豊とともに
中国攻略軍時代の若手侍大将衆が
きになるところです。

(仙石秀久は淡路攻略とか一軍の将として
 信長様直属っぽくて別格みたいですね。)

加藤清正や福島正則より少し上の
歴史に埋もれた世代が好きです(笑。

というわけで、
秀吉の天下統一を支えた
堀尾少年のあらぶる侍魂に
合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ
ページをリニューアルしました

リンクしてます私のHP 「天下侍魂」も

http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/322-cada52f5

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。