プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦義村

odano792.jpg
今日の気分は三浦義村!!(のつもりです。)

織田信長様の家臣にして、
信忠さんの家老の
団(梶原)忠正さんが、なんで団平八という名前にしたんか、
ず~っと謎やったんですけど、

鎌倉時代を整理していて、
三浦義澄さんの嫡男・三浦義村さんがなんと、
「男!」平六と名乗ってるのを
『吾妻鏡』にみつけて、「おお~っ」と
おもったので書いてみましたw。

信忠さんが日ごろ何をしてたんかなあ~
とかおもうわけなんですけど、
『吾妻鏡』は必読書だったりしたんでしょうかねえ。

熱田大宮司家の人が頼朝さんの
親戚だったりするので家伝というか
鎌倉幕府関係資料が尾張に残されてたんでしょうか。

信長様の代では神官の千秋家とかから
入手可能だったのかなあ。

とまた話しがそれてますが。

三浦家の人々は源ノ義家の代から
奥州の遠征に従軍したりして、
天下人の左右に必要不可欠な家柄の人々
だったのかもしれませんね。

織田家には和田系の佐久間家とか、(;>□<)”はっ
イカンイカン。

義朝さんの長男
源ノ義平さんを婿に迎え
坂東を席巻し、
今度は頼朝さんを擁立して幕府の中核となり。

北条家とも戦陣をともにした
良好な関係で、
義村さんの代に栄華を極めますが、
あとは凋落して子孫は
戦国時代のはじまりに
北条早雲に息の根を
とめられます。

「男」

に込められた逸話とかあれば
おもしろそうだなあ~(妄想)。

というわけで今回は、
三浦義村さんの
「男魂!!」に合掌。


banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、平安期源ノ頼朝、範頼、義経の
ページをリニューアルしました、
リンクしてます私のHP「天下侍魂」
http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/316-96eae00d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。