プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木道誉

odano791.jpg
今日の気分は京極高氏!!(のつもりです。)

佐々木の入道道誉。
得宗・北条高時から「高」の一字を貰い、
お気に入りの側近だったようですが、

世情の流れに敏感で、
高時を見限って、足利尊氏とともに
新しい武家政権を目指します。

「天道」

というものを読みきる力のある人物だったのでしょう。

かといって、ライバルが自滅し
天下の副将軍となっても、
高ノ師直や、山名時氏のように
主家をおろそかにする様なおごることも無く。
(自分の力量も知っていた。)

身の程を知るといいますが、
尊氏よりも芸達者ですけど
政治と違う方面で頂点に立つことが
貴公子的な「美学」
だったのでしょうか。

気になる武将であります。

信長様が、この人の子孫である京極高次を
かわいがるのも、道誉さんのカリスマ
に拠るところ大なのかなあ。

というわけで、
南北朝動乱にひときわ異彩を放つ
バサラ大名、京極高氏さんの
孤高の侍魂に合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、南北朝期リニューアルしました、
リンクしてます私のHP「天下侍魂」
http://1st.geocities.jp/tugami555syou/index.html
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/315-7fcb4e1f

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。