プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田秀勝

odano787.jpg

今日の気分は織田(羽柴)秀勝さん!(のつもり。)

御歳18才で亡くなられはりました。

駆け抜けた人生(涙)。

信長様の四男とされてますが、
美濃・遠山家をへて武田家の養子(人質)とされた、
織田(武田)勝長さんよりかは若いようです。

中国陣では一部隊を率いて
養父・羽柴秀吉さんとともに
高松城を囲んでいる様子。

「羽柴(織田)秀勝」と呼ばれた
この方でも織田家の相続権を、

上の兄達がいなくなれば権利が
まわってきたのかもしれませんねえ~。

秀吉さんが信孝・信雄さんを
排除するのは
織田秀勝さんの為だったということなら、
多少 許せるような気もします。

で、信長様が羽柴秀吉に与えたという陣羽織、
織田の家紋と秀吉の家紋が刺繍されたものですが、
あれは養子・秀勝さんのものでは??w

又、話しがそれてきますが、
惟住(丹羽)長秀さんの息子が
織田家の婿となり、

兄弟ともいえる池田恒興さんと
その息子・之助(元助)。

中川清秀さんとこの
息子を娘婿に迎え、

織田信忠さんの嫁に塩川長満さんの娘。

畿内は東西に横軸一本のラインを
織田血縁勢力で結び磐石のように
思えます。

畿内南北の縦軸(京極・筒井?)が
もすこし早く補強できていれば
なあ~・・・。

あと自分のHPで一番妄想炸裂なのが
遊びで創った羽柴秀吉軍団の付録、
「織田秀勝軍団」です。

藤掛長勝さんは
秀勝さん付きの家老で間違いないの
じゃないのかな?
とおもうわけなのですが。

豊臣秀次、秀勝の家臣団として、
跡継ぎへとひきつがれていく家臣団のベースは
もともとは織田秀勝さんの家臣団にあったのでは
ないのかなあ(妄想)。

小牧・長久手のもろさは
シャッフルが上手くいかなかったのが
原因とか・・・(妄想)。

というわけで、
歴史の狭間に埋もれた
織田秀勝さんの侍魂に合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/311-25bb6c88

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。