プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲生賢秀

odano777.jpg
今日の気分は蒲生賢秀!!(のつもり。)
後姿限定ですw

南部家伝来の「燕尾の兜」が蒲生家からの伝来だとか。

ということで思いを馳せてみました。
蒲生氏郷といえば国揺らしの「鯰尾の兜」だし、

とはいえ奇抜なデザインの当世具足やから、
信長様世代頃からの
爆発的流行だろうと自分ではおもってるので、
信長様と同年生まれの蒲生賢秀さんのかなっと(妄想)。

「燕雀いずくんぞ、鳳の志を知らん」
という言葉が
頭にこびりついてるので、
燕といえば迅速ですが、大将の器ではない
ザコっぽい感じがするんですが。
瀧川さんが部下に向って
鶴よりも雀の楽しみを味わいたまえと
部下にさとしていましたけど、
蒲生家はもともと鶴だしなあ・・。

超ポジで良い解釈をしてみると、
まあこんな感じだろうか・・と。

賢秀さんは氏郷さんとともに
信長様の近江馬廻衆の主力として
傍近くに常にあったとおもうんですが、

1582年の「本能寺の変」のときは
安土城留守居で信長様の家族を保護して
本拠・日野城に立て籠もります。

織田家に降服してからは
最後まで親織田的な賢秀さんは、
鳳の信長様と強く惹かれあうものが
なんかきっとあったんだと思います(妄想~)。

稲葉良通さんなみに一徹な
蒲生賢秀さんの侍魂に、
合掌~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/305-6568d3ff

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。