プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田長政

odano775.jpg
今日の気分は黒田長政!!(のつもり。)

ブラック侍です。黒田家といえば水牛の角軍団なので、
背中に背負ってもらいましたw

親父さんの、秀吉の軍師・
黒田孝高(如水)さんに前線で戦う大将は、
「匹夫の勇」だといさめられつつも、
母里太兵衛らと前線で働き、
武功をあげてます。

遺言状には子孫には、
「大将たるもの匹夫の勇を競うな」
と言い残してるので、
本人は判ってやってたんじゃないでしょうか?

織田信忠、信孝、蒲生氏郷など
足軽に混じって前線で戦ったといいますし、
織田信長公も若い頃は林・柴田らの
弟・信勝派の反乱軍相手に戦い
信長自身が林の弟・道具を討ち取ったといいますし、
若い頃の「槍先の功名」は、家臣達に
なめられないように命をかけてでも揚げて置く
必要があったのでは?

戦神・上杉謙信も、
揚北衆で自分より若造の本庄繁長から、
自分に比べて「謙信は武名すくなきゆえ」とか、
なめられた言葉を言い放たれてます。

父親が凄すぎて
部下になめられちゃうから
2代目という立場はよりいっそう
死地に身をおかないとと思い、
わざとやってんじゃないでしょうか。

それにしても、竹中半兵衛さんが
信長様から隠してまで育てた
黒田長政さん。
拾った命を父・如水さんは
大切にしてほしくて諌めてたのかなあ~。

というわけで「天下侍魂」は
九州の戦国大名のページを
三分割してみました。
(黒田家はでてこないんですけど・汗)

遅れてきた戦国武将・黒田長政の
竹半・黒官の思いがつまった侍魂に合掌~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/304-ef94ac4e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。