プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖霊☆楠木正成

odano768.jpg
今日の気分は、
わが郷土の英雄・楠木正成公!(のつもり。)
大阪から無事帰ってきてます。

河内の国といえば、
乱世に現れるという宿命の
「天王寺の妖霊星」様ですなあ~。

この不景気の世の中、
関東の政権をひっくり返すには、
やはり関西からのゲリラ的な持久戦でしょう!(なんのこっちゃw)

時の権力者・鎌倉の北条高時の酒宴に、
「天王寺の 妖霊星を みばや」
と現れた妖怪たちは
いったい何者だったのでしょうねえ。

太平記には不思議な
余話がけっこう掲載されていて、
当時、妖怪がほんまに信じられていたのか
という感じです。

信長公記にも、大蛇や妖刀の話しが
載ってるのが、中世っぽさを醸し出してて
味がある感じがします。

話しが逸脱してますが、

河内国の武士の武名は
源ノ頼義、義家親子にはじまり、

強大な敵に立ち向かう美学というか、

楠木正成の中興し示した武名に、
その後の
北畠顕家、楠木正行。

後世の木村重成、真田幸村(信繁)などの
武士達も憧れたんではないでしょうかねえ~。

正成さんは「河内おとこ節」にでてきそうな親分肌な
侍大将だったんでしょうかねえ~
と思いを馳せてみる。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。
上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

足利家一門のページ、
足利尊氏の外様家臣団のページ、
新田義貞の家臣団のページを
整理更新してみました。

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」
御笑覧ください。m(_ _)mペコリン。

「太平記 おもろぉ~っ!」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/299-aa486f3c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。