プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団(梶原)忠正

odano754.jpg
今日の気分はだんだだん!!
じゃなくて団忠正さん!(のつもりです。)

親衛隊つながりで、織田信忠さんの
側近の忠正さん。

「甲州乱入」に森長可さんと双璧の先鋒をつとめ、
川尻秀隆さん、瀧川一益さんの制止を振り切り
進みに進んで、上野にまで乱入して
あっというまに武田領を征服してしまったので、
驀進!!としてみました。

森乱さんと親しい仲の様子で、
森乱さんからの手紙が現存しているとか。
兄の長可さんともきっと良好な関係だったのでしょう。


梶原姓をわざわざ団と改名したのはなんでかなあ~。
源ノ義経さんの鎌倉搦手(別働隊)軍の軍監として
悪名高い梶原景時さんと印象がかぶるのを避けたのでしょうか。

ダンということで鉄砲もたせてみました。
おおでっぽうとか、長銃とか
身体的な膂力に優れた侍大将専用の鉄砲も
あるとかなので、その受け台となる弾除け兼用鉄盾
とかもあったのかな?ということで(妄想)。

命がかかってんだから、
当時鉄を張った鉄甲船があるのだから、
板に鉄を張った盾を織田軍なら
持ってたんじゃなでしょうか?(妄想)

もともと武田軍が考案した、
竹束の盾は足軽用簡易弾除けとか、
貧乏な大名が用いていたのでは?

のちに上方兵の装備に度肝を抜かれたという
長宗我部や、小田原北条家の話しもありますし。
そおゆう点での装備の差に
カナワナイと戦争を諦めたりしないのでしょうか。

とゆうことで話しがそれていきましたが。

あと、織田信忠さんが武功のあるものに
紫の母衣(ホロ)を与えていたらしいので、
信忠さんの好きな色は紫で、
軍団の中で紫色が増殖していただろうと
いうことで紫龍軍ということで押していこうかと
かってにおもってます(笑)。

信長さんが赤と黒、秀吉さんは黄色(黄金系)
光秀さんは水色桔梗の旗なので、
水色がすきなんかなあ~と
思ってます。
なんだか皆イメージカラーがあったんじゃないでしょうかね。

とゆうことで、また話しがそれましたが、
団忠正さんは「本能寺の変」の際、二条御所にて
織田信忠さんを守護しながら
戦死してしまいますが、生きてたなら
必ずや織田家の重鎮となっていたことでしょう。

惜しい・・・。

戦国の世に終止符を打ち、
新しい秩序を生み出さんと「天下布武」に生きた
あらぶる「侍魂」に、合掌~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければリンクからHP「天下侍魂」の
織田信長の親衛隊のページを ご照覧ください。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/293-1e1314e6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。