プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川秀一

odano753.jpg

今日の気分は、長谷川秀一さん!(のつもりです。)

歴史上の人物として重要な役割を
演じたはずなのに出自と事績が謎というつながりで(笑)。

信長様親衛隊の隊長「五奉行」のひとりで、
織田信秀公の御落胤とも、
信長様と男色の関係にあったとも言われてます。

万見仙千代さんがお亡くなりになったあと
そのポストと邸宅を引き継いだようです。

京都馬揃えの後に、秀吉さんが
「参加できずに口惜しい、イベント内容やら皆の装束を
できたら教えてほしい。」
と秀一さん宛てに手紙を書いていたり。

信長さんに一番近しい間柄であることを
秀吉さんも意識していたようです。


「本能寺の変」の際には、
家康さん(穴山梅雪さんも)を堺に案内し接待中。

穴山さんは別行動で戻り殺害されますが、
京都あたりで一揆にやられたことになってますが
長谷川さん家康さん二人の意思が絡んでるんでしょうか。

家康さんが織田領を通過できたのは
長谷川さんの威光ありか。

自領に戻った後、家康さんの旗本でも
嫡男・信康と近しい平岩親吉や柴田康忠が
甲斐・信濃に派遣され、

酒井・石川等の有力重臣達の動きが
目立たないのは、
織田家の重臣に遠慮した動きだったから
なのかなあ・・・。

長谷川さんはどこまで家康さんを送ったのでしょう。

光秀を打倒し、仇を討つ戦力と
家康さんに期待していたのか、

それとも逆に家康さんに人質とされ
脅迫されてたのか・・(妄想)。

秀吉政権下では堀秀政さんとともに
重く用いられていることから、
無事戻ったというか、徳川家とは
友好的に過ごしてたのでしょうか。

柴田勝家が、「北条家が織田領に乱入し
徳川とにらみ合っている、内部で対立しないで
北条家を倒そう」と、
秀吉との対立の中で手紙を書いてるから、
徳川家康さんはあくまで織田家よりのスタンスで
独立はしていないと仮面をかぶっているので、
長谷川さんは上手く利用されてしまっていたのかなあ・・。

のちに秀吉の下で
紀州征伐に抜群の軍功をあげ、

朝鮮出兵に従軍し、あちらで客死
してしまいますが(跡継ぎ無し)、

堀さん、長谷川さん、矢部さんが
力をあわせれば織田家存続しただろうに・・・。

信長様の寵愛を得るための
ライバル関係にあったから
その後も手を組めなかったのでしょうかねえ(妄想)。

戦国の世に終止符を打ち、
新しい秩序を生み出さんと「天下布武」に生きた
あらぶる「侍魂」に、合掌~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければリンクからHP「天下侍魂」の
織田信長の親衛隊のページを ご照覧ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/292-79ab561a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。