プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤利三

odano742.jpg
今日の気分は、斎藤利三!(のつもり)

バックの言葉は、明窓玄智居士(明智光秀)
の辞世といわれてますが、
誰かが後付けしたものでしょう。

意味はよくわかりません(笑)

順逆に門なし、と今日まで思ってたら
「二門なく」が正しいみたいです。

53歳で散った斎藤利三さんも同じ心かと思って
書かせていただきました。

稲葉一鉄さんの兄の娘婿さん
という縁で稲葉家にいたのに、
同郷出身(美濃)の明智さんとこが
活躍できると
稲葉家を抜けた事からイザコザが・・。

蒲生氏郷さんが利三から軍略のアドバイスを
受けたりして、若手武将の間では
憧れの武将だったみたいですが。

娘の春日局さんが預けられていた、
美濃の汾陽寺ですが、
私の母方の過去帳が残っていて、
土岐美濃守*代目分家、山田六右衛門からはじまり
山田大兵衛、~~と現代まで続いていたんですが、
(うやむやな記憶ながらたしか26だったような・・)
*代目ってどこから数えて?と謎っす。

ひょっとして、明智さんや斎藤さんとことも
根っこはつながってんのかなあ。

織田家ファンなので、
土岐方の先祖には複雑な気持ちですが
人と人が織りなす歴史があって
今の自分がいるんだなあとゆうことで、
やっぱ歴史が好きです。

北海道まできてしまって、完全落ち武者的な
人生ですがw
血がもし連なっているなら、
戦国の土岐頼芸さんのような
絵師になりたいなあ(笑)

戦国の世に終止符を打ち、
織田家とは違う、新しい秩序を
生み出さんと(たぶん)、
劇的事件を引き起こした
あらぶる「侍魂」に、合掌~。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります。

よろしければリンクからHP「天下侍魂」の
明智(惟任)光秀の軍団ページを ご照覧ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/287-8fd412ce

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。