プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


織田信忠

odano669.jpg
今日はなんでか
織田信忠さんのことを思って絵を描きました。

平家つながりで、清盛公の息子さんの
平ノ知盛さんの事を考えていて、

彼が惣領の兄・宗盛に代り、
軍事面での総大将として源氏に抗し
「一ノ谷の合戦」での死地を、
「総大将が死んではいけない」
と息子に逃がされ、

最後は「壇ノ浦の合戦」で、一門の最後を見届け、
「見るべき程の事は見つ、今は自害せん。」と
散っていきますが、

知盛さんを、さあ描こうか、

と思ってたら、
なんでか信忠さんの事で頭が一杯にw

信忠さんは最後は何考えてはったんやろ・・。

親父殿を天下人にすることができず、
惟任の謀反心に気付かず
守れなかった失態を反省して
あの世で謝りますとか思っていたのか。

武田の松姫さんを迎えに行けなかった
事を悔いていたか。

織田家の将来は、森長可さん、
蒲生氏郷さん、池田元助さん、
長谷川秀一さん、
堀秀政さんがいるから、
他にも戦友が各地で健在でいるから
皆で仇をとって、揺るがないものと
してくれるであろうと、織田の天下を
心配はしていなかったのか・・。

最後惟任勢に対して力の限り奮戦して
散り花を咲かせたので、
潔い気持ちで逝ったのか・・。

『平家物語』ファンっぽい信忠さんなら
知盛さんの
この台詞を思い出していたかなあ
なんて考えていました。

志半ばで散っていった
信忠さんの「侍魂」に合掌。(;_;)A"

平ノ知盛さんの「侍魂」にも合掌。

banner_02.gif
↑(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります

よろしければ、リンクしてます私のHP「天下侍魂」の
織田信忠さんのページ、御照覧ください。m(_ _)m

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/261-627f83af

 | BLOG TOP |