プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤継信・佐藤忠信 兄弟

odano626.jpg

突然ですが、源平では義経を支えて散っていった
佐藤兄弟が好きです!

藤原秀衡の指示で、源ノ義経の与力となった、
真の奥州代表です。

源ノ頼朝は、義経をみているのではなくて
この兄弟とその背後にあるものに
怖れを抱いていたと思います。

それにしても義経への援軍が
兄弟二騎ってことはないだろうと思います。
この二人の下に数十騎の寄騎がついていたはず。
あちらの貴公子なんですから。

秀吉が本多忠勝に下賜した
伝・佐藤の兜はシンプルでカッコイイですね。
前立てはとれてるんでしょうか。
もし、ついてたら、
アイヌの酋長達が大事に抱えている
鍬形が、鎌倉期の東北武将のものだろなあと
漠然としたイメージ。

大鎧は、当世具足より描きづらかったです。

騎射が当時の戦闘の基本だったらしいですが、
奥州侍は太刀の方が専門なんでしょうか?
「炎たつ」で鉄鉱石豊富なことから、
安倍氏では太刀が発展してたと、みたような
気がしてるんですが。きのせいかな~w
(こおゆう感じで、ちゃんと検証してませんから。)

継信が盾となって身代わりに討死し、
忠信が頼朝の追っ手をひきつけて壮絶な自害。
見事に名を残しました。

忠義に生きた、二人の侍魂に、
合掌。

よろしければ、リンクのとこからHP「天下侍魂」
源氏の系譜・義経の家臣団を御笑覧ください。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/250-5d2950fd

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。