プロフィール

登美ノ勝也

Author:登美ノ勝也
武将について語りたくて「天下侍魂」というHPをつくりました。織田信長の家臣団とその六大軍団長たちの家臣団、戦国・室町・鎌倉の大名達とその家臣団について探求していきたいと思います。
リンク先のHP「天下侍魂」ぜひ御笑覧くださいw


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


上杉謙信家臣団の頁を改変

ふと思い立って上杉謙信の家臣団のページを
再UPしました。

ぼーっと眺めていて、これじゃあイカンとw。

何を変えたかというと、

①長尾景虎時代の家臣団、

②上杉政虎時代の家臣団、

③上杉輝虎時代の家臣団、

①~③を含めて上杉謙信の家臣団としたいなと思いました。

名を重んじる戦国時代になぜこれほど改名したのか。

名を変える度に権威を求めているというか、
景虎が高みに登ろうと足掻いてる気がしました。

景虎自身は後世、私達には謙信で覚えていてほしかったんかなあと。

毘沙門天は左手に数珠、右手に謙正の剣を持つといいます。
最後は信仰の極みにいきついたんだろうなあと妄想(そんで謙信)。

景虎(軽トラ)→関東管領(カウンタック)てくらいのランクアップで(え。
odano694.jpg


あと、気になったのが二人の養子、上杉(長尾)景勝と上杉(北条)景虎。
勝者の歴史改ざんで、景虎についた武将の過去の栄光はかなり削られて
いるんじゃないでしょうか・・・。

あと関東に派遣された旗頭、色部氏は祖先を秩父平氏というし
武蔵平野ではかなりの名門。

上野国には大江広元の子孫、北条高広。

謙信らしく、旧秩序というか王政復古というか、
名門の血によって政道を正そうという意識なのか、
能力というより権威に期待していたような気がします。

越中・能登方面に関しては
自分を慕ってついてきてくれている武将に報いようと思ったのか、
河田(近江出身)、鰺坂、吉江資堅など新参衆を大抜擢しているところが
関東方面とは180度方針が違っていて面白いかもと思うところです。

よろしければ、
リンクからHP「天下侍魂」上杉謙信の家臣団を御笑覧ください。

banner_02.gif
↑漫画を描く励みになりますのでっ(^▽^)>ここを一発クリックで一票のご協力を宜しくお願いしま~す”

ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらのランキングにも参加しました。上と同じく一発クリックで応援お願いシマス。
押してくれた貴殿に感謝でぇ~あります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tugami555syou.blog94.fc2.com/tb.php/244-1c0f9886

 | BLOG TOP |